メイン

下北沢.Tk邸 アーカイブ

2009年04月16日

世田谷.Dt 地鎮祭

FY_090416_1.jpg
ついに工事が始まります! 土地を清めて、無事工事が終りその後何事もなくクライアントが安全に生活を送れる事を神様に祈願します。

2009年04月30日

世田谷.Dt 掘削

FY_090430_1.jpg
掘削している様子です。床付面はローム層でとても良い状態で安心しました。

2009年05月10日

世田谷.Dt 捨てコン打設

FY_090510_1.jpg
掘削が終わり捨てコンを打設し終わったところです。捨てコンの表面に書いてある線は、墨を使って壁や柱などの位置を書く「墨出し」という作業を行った際の線です。この線に沿って工事を進めていきます。

2009年05月18日

世田谷.Dt 断熱材貼り

FY_090518_1.jpg
土留めに断熱材を貼り付けているところです。この上に防水シートを貼ってコンクリートの外側の型枠とします。なので、土→土留め→断熱材→防水シート→コンクリートという順番になります。しっかりと地下にこもる熱や水を防ぎます。

2009年05月27日

世田谷.Dt 配筋検査

FY_090527_2.jpg
地下室底盤の配筋が終わり、雄設計室がいつもパートナーとして組んでいる吉田一成構造設計室の吉田さんと飯田さんが配筋検査を行っているところです。 底盤とは建物の一番下の部分です。なので一度建物が建つとなかなかこの底盤を目で見るのは難しいので、コンクリートを流す前から入念なチェックを行います。

2009年06月04日

世田谷.Dt 地下室壁の配筋

FY_090604_3.jpg
地下室壁の配筋がほぼ終了しました。鉄筋と型枠の間にある黒いシートは「アスファルトシート防水」といい、地下のコンクリート壁を土中に浸みた雨水から守るものです。

2009年06月16日

世田谷.Dt コンクリート打設

FY_090616_1.jpgFY_090616_2.jpgFY_090616_3.jpg
左は施工会社であるヨシナガ工業社長の義永さんです。コンクリートが命です!
真中はバイブレーターという道具でコンクリートを流しながらコンクリートを打設しているところです。
右はコンクリートを打ち終わった直後です。今見えているコンクリートの表面は、1階の床面です。

2009年07月13日

世田谷.Dt 2階壁の配筋検査

FY_090713_1.JPGFY_090713_2.JPGFY_090713_3.JPG
2階壁の配筋検査を構造設計の吉田さんと行いました。 また、1階壁の型枠も外れ、内外打ち放し仕上げのコンクリートの表情が見え、良い出来映えに安心しました。

2009年07月22日

世田谷.Dt 屋上スラブ配筋

FY_090722_1.jpg FY_090722_2.jpg
地下から始まった配筋とコンクリートの打設もいよいよ屋上まできました。もう少しで建物の外形が現れます。写真右は階段の配筋です。

2009年08月04日

世田谷.Dt 上棟 

FY_090804_1.jpgFY_090804_2.jpgFY_090804_3.jpg
上棟しました。これからコンクリートは数週間養生をして強度が出るのを待ちます。この間にサッシ図のチェックや仕上類の検討などをしています。

2009年08月22日

世田谷.Dt 上棟式

FY_090821_7.jpgFY_090821_5.jpgFY_090821_6.jpg
上棟式を行いました。職人さん7名、施行会社3名、クライアントとうちで4名の総勢14名で賑やかに行いました。 
写真真ん中が1階の写真で、写真右側が地下の写真です。当日も暑かったのですが、まだコンクリートしかない今の状態は、地下がひんやりしていてとても涼しく、居心地の良い空間となっていました。なにかその涼しげな感じは写真を見ても伝わってきます。

2009年09月07日

世田谷.Dt サッシ取付

FY_090907_1.jpgFY_090907_2.jpgFY_090907_3.jpg
中庭を囲むサッシを取り付けている様子です。サッシは右側の写真の様にしっかりと躯体と溶接してあります。この中庭は3方をサッシで囲まれ、太陽の光を地下まで届けます。部屋から中庭を見ると、その向こうにまた部屋が見える。内に居るのに外に広がる感覚をねらって創りました。

世田谷.Dt コンクリート打放し仕上・・・

FY_090907_4.jpgFY_090907_5.jpg
このいえはコンクリート打放し仕上げです。
型枠にコンクリートを流し込んでできあがった、そのままのコンクリートの表情を極力活かした仕上げにしています。
現場での一品生産なので、少し曲がったところや、小さな穴(ピンホール)のある部分も若干ありますが、神経使って丁寧に打ったコンクリートの表面は、ちょっと艶めかしく、なぜか柔らかく感じます。表面を色づけなどして補修したコンクリートだとこういった表情にはなかなかなりません。
左側の写真は型枠のバリや付着したゴミやノロなどを紙ヤスリで削り落とすことで、硬いけど柔らかな表情にしあげているところです。

2009年09月24日

世田谷.Dt 防水・断熱張り

FY_090924_1.jpgFY_090924_2.jpg
屋上のアスファルト防水と外壁部分の外断熱(ガルバリウム鋼板張り)を行いました。

2009年10月01日

世田谷.Dt 階段手摺取付け

FY_091001_1.jpg
屋上に行くための階段に手摺りを付けました。これから研磨、塗装を行っていきます。

2009年10月08日

世田谷.Dt 内装木下地組み

FY_091008_1.jpgFY_091008_2.jpgFY_091008_3.jpg
内装も着々と進んでおります。一番右の写真は断熱・防音効果のために断熱材であるグラスウール材を充填した様子です。

2009年10月15日

世田谷.Dt 内部階段の設置

FY_091015_1.jpgFY_091015_2.jpgFY_091015_3.jpg
内部階段(無垢板集成材 厚み55mm)は天井から吊って浮いて見えるようにしました。踏板と壁の接続にはホームコネクターを使用して金物が見えないようにしています。 

2009年10月21日

世田谷.Dt 外部足場撤去

FY_091021_1.jpgFY_091021_2.jpg
外部足場を撤去したので外観が現れました。外断熱のために使用したガルバリウム鋼板のシルバーと、コンクリート打放し仕上の灰色のコントラストがきれいに表れました。(写真では見づらいかもしれません)

2009年10月27日

世田谷.Dt フローリング張り

FY_091027_1.jpgFY_091027_2.jpg
いよいよ床の仕上げに入りました。フローリングは幅192mmのチェリーです。表面はワックス仕上げで肌触りがとても気持ち良いです。

2009年11月16日

世田谷.Dt 設計検査&完了検査

FY_091116_1.jpg
FY_091116_2.jpgFY_091116_3.jpgFY_091116_4.jpg
本日、完了検査と設計検査を行いました。引き渡しまで残りわずか、最後まで気を引き締めて行っていきたいと思います。
写真は、おおかた建物が完成に近づいたので所々撮ってみました。

2009年12月12日

世田谷.Dt 引き渡し

FY_091212_1.jpgFY_091212_2.jpgFY_091212_3.jpgFY_091212_4.jpg
FY_091212_5.jpgFY_091212_6.jpgFY_091212_7.jpg
世田谷.Dtが完成しクライアントに引き渡してきました。 また、先日行いましたオープンハウスには多くの方に見て頂き、感謝しております。 写真は竣工写真の一部ですが掲載させて頂きます。 
尚、うちの事務所HPの「作品紹介 Works」がただいま改装中なので、この世田谷.Dtは改装後に掲載させて頂きます。

About 下北沢.Tk邸

ブログ「雄設計室」のカテゴリ「下北沢.Tk邸」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは下北沢.Ab邸リノベーションです。

次のカテゴリは事務所移転計画です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34